結婚祝いをもらったら内祝いをしよう!相手のことを考えたお返し

内祝いで失敗しないためには!事前に考えておくことが肝心

男女

贈るのに良いギフト選び

多くの人からもらう結婚祝いですが、もちろん内祝いをしてお返しをしなければなりません。相手に不快だと思われてしまう内祝い品もあるので、相手に失礼とならないよう慎重に贈り物を選ぶようにしましょう。家庭にお子さんがいるときはお子さんが喜ぶもの、友人であれば直接聞いて欲しいものをプレゼントするなど、贈る相手に合わせた贈り物にしてください。

READ MORE

お祝いされたらお返しを

プレゼント

感謝の気持ちを忘れない

結婚式を挙げるとそのお祝いとして家族や友人から結婚祝いをいただくことが多いでしょう。結婚式の最中に結婚祝いを渡すタイミングがあるので、その時に渡してもらいます。直接渡してもらったらきちんとお礼を伝えるようにしてください。ただ、結婚式中の結婚祝いにはお返しをする必要はありません。

誰から貰ったのかを記録する

結婚祝いをもらったら、お返しをしなければなりません。基本的には結婚祝いのプレゼントをされてから一ヶ月以内にお返しをしなければならないというマナーがあります。誰から貰ったのかとともにどのくらいの金額のプレゼントをしてもらったのかをきちんと記録しておきましょう。

結婚式を挙げていなくてもお返しが必要

結婚式のときにプレゼントをしてもらえますが、結婚式を挙げていない場合は自宅まで訪れて結婚祝いのプレゼントをしてもらうことがあります。そのときにも、もらってから1ヶ月以内には必ず内祝いを用意しておくようにしてください。

遠方の方には郵送でも可能

結婚祝いは直接渡すのがマナーですが、もし遠方の方でなかなか会えないというときには郵送で結婚の内祝いを贈るようにしましょう。内祝いを贈ってくれる専門店もあり、内祝い用にデコレーションも施してくれるのでとても便利です。郵送をするときは、届く日を予め贈る側に連絡をして受け取ってもらえるようにしておきましょう。

遅れたときはその旨を伝える

結婚生活でパタパタしてなかなかお返しが渡せないという場面もあるでしょう。遅れると分かった時点で、贈る側に伝えておくことを忘れないでください。一言もなければ贈った側としてはなぜ内祝いがこないのかと疑問に思われてしまう可能性があります。

[PR]

内祝いのアイテムが勢揃い!
お菓子もあります。 結婚祝いのお返しはここから買える!
貰って困らないアイテムを選ぼう。 結婚式でお世話になった方にプレゼント
木彫り時計をオーダーメイドで手に入れて世界に一つだけの品をプレゼントしよう。

結婚祝いにまつわる疑問点を解決していく

内祝いはどのくらいの金額にするべき?

結婚祝いの金額のおおよそ半額を内祝いとして渡すことがマナーとなっています。半額だとあまり良いものがないからと半額以上のお値段で内祝いを贈ってしまうと、相手に迷惑をかけてしまう可能性があります。できれば半額で抑えるようにしましょう。

職場の人達からもらった場合はどうするべき?

1人だけでなく大勢の人達から1つの高額品物をを貰った場合でも、基本的に半額で返すようにしましょう。半額にした金額から頂いた人たちの分を割ることで個人個人にお返しをすることができます。連名の場合は必ず1人ずつ渡すようにしましょう。

ギフトがいっぱいありすぎて選べません

内祝いの品は誰もが喜んでくれるものをプレゼントした方が良いでしょう。日常生活の中で実用性のある家電製品やタオル関連ならたくさんあっても困ることがありません。また、それでも選べないというときは、直接本人に聞いておくのも良いでしょう。

[PR]

広告募集中